慰謝料と弁護士の存在


慰謝料には相場がありますが、夫婦間が納得していれば仮にその金額が億単位となることもあります。そのため、夫婦によっては相当高額な慰謝料のやり取りがおこなわれることもあります。特に夫婦関係が冷めているようなケースでは、相手への怒りなどもあって不倫をされた側が高額な慰謝料を請求することもあります

弁護士そもそも不倫をしている時点で夫婦間の愛情は冷めてしまっていることが多いため、結果としてこのような状況にもなりやすいのです。もちろん、不倫をしてしまった側が相手から提示された金額に納得ができ、その支払いも可能ということであればそのまま受け入れることとなりますが、支払いが不可能な金額であったり、納得いかない金額ということもあるものです。

そのような場合には弁護士に間に入ってもらい、円滑に話し合いを進めていくようにしましょう。弁護士の中にはこれまでに同様の案件を多数抱えている弁護士もたくさんいます。いわゆる離婚協議に関する実績が豊富な弁護士がたくさんいます。離婚の裁判で最ももめるのが慰謝料と言われていますが、弁護士を味方につけておくことによって、自分の思い通りの金額にすることも不可能ではないため、弁護士の活用も考えておきましょう。

参考:慰謝料請求の相談_アディーレ法律事務所

不倫時の慰謝料の相場


不倫が発覚した際に発生するのが慰謝料というお金ですが、これは不倫によってどのような結末を得たのかによって相場も変わってきます。もちろん、夫婦間のお金のやりとりとなりますので、相場とは言ってもあくまでも最終的には夫婦での話し合いによって決めることとなります。しかしながら、相場を知らずに話し合いをしても話がまとまらないことが多いので、不倫による慰謝料を考える上で世間による相場は把握しておきたいものです。

相場そして、具体的な相場ですが、離婚になった場合には300万円前後がひとつの相場と言われています。また、別居の場合には200万円、同居継続というような場合には100万円前後が相場となっています。こうした相場が今の日本では多くのケースにおいて取り入れられています。しかしながら、やはり最終的には夫婦間で話し合うことなので、これはひとつの目安となります。

また、この相場以上の金額がやり取りされるケースもありますし、この相場以下の金額でおさまっていることもあります。それぞれの経済事情などによっても相場は大きく変わってきますので、あくまでも目安として覚えておき、その上で自分たちの事情などを考慮した上で金額を決めていきたいものです。

不倫による慰謝料請求


慰謝料という言葉を知っていても、これまでの人生の中でそのような類のお金を受け取ったことがない人にとって、どのようなケースで慰謝料を受け取ることができるのかを知らないものです。しかし、人生の中では様々なシーンで慰謝料が発生し、それを受け取ることが可能となっています。仮に自分自身が受け取ることのできる立場であるにもかかわらず、何も知らなかったために受け取らずにいると損をすることとなります。

慰謝料そのため、人生において損をしない生き方をするためにも、こうした情報はしっかりと持っておきましょう。そして、今の日本において慰謝料が発生するケースの代表格として知られるのが不倫時の慰謝料です。結婚をして正式なパートナーとなったにもかかわらず、婚外恋愛をしたために不倫となってしまい、これがパートナーに知られた場合には離婚や別居の理由にもなります。

しかし、それで終わりではなく、慰謝料というお金も発生するのです。そのため、不倫が気づかれた際に慰謝料のやりとりをする夫婦は意外と多いものです。離婚や別居に至った場合はもちろんですが、仮にその後も夫婦生活を継続していくようなケースであっても慰謝料のやりとりになることもありますので、ぜひ覚えておきましょう。

慰謝料を払うトラブル


世の中には様々な言葉があり、そのひとつに慰謝料というものがあります。大人であればその言葉自体は何度か聞いたことがあるはずです。しかし、ほとんどの人にとって慰謝料という言葉を聞いたことがあっても、自分がそのお金を払ったり受け取ったりする当事者になったことはないはずです。そのため、いざ当事者になったときにどうしたらいいのかわからなくなる方も多いはずです。

慰謝料もちろん、慰謝料を払ったり受け取ったりする立場になるようなことはないと考えている方が多いはずですが、実際に現在の日本でも多くのシーンで慰謝料のやりとりがおこなわれているのです。そのため、誰もが当事者になる可能性はあると思っておいても大袈裟ではないのです。たとえば、慰謝料がやりとりされるケースの中でも最も一般的なのが夫婦間における慰謝料の支払いです。夫婦として共に手をとって歩み始めたころはお互いに愛情があったとしても、そこから年月が流れていく中で愛情が徐々に冷めてしまい、結果として夫婦のどちらかが正式なパートナーではない異性に対して恋をしてしまうということもあります。

つまりは不倫に走ってしまうことがあるのです。こうなると、その不倫が正式なパートナーに気づかれた際には最悪のケースでは離婚に至ることもあります。また、離婚に至らないケースもありますが、いずれのケースであっても慰謝料のやりとりがおこなわれるのです。そのため、意外と慰謝料は身近な問題なのです。だからこそ、他人事とは思わずにその詳細を誰もが把握しておくべきと言えます。